※ネタバレあり『Last Labyrinth』体験レビュー:脱出ゲーム好きのVR初心者が念願のラストラビリンスをプレイした感想

皆さんはじめまして。今回アストネスさんの体験モニターに参加させてもらい念願の!!(後述)Last Labyrinth(ラストラビリンス)に挑戦させて頂いたちびみのという者です。

私は今回の企画で、PlayStation VRをお借りしてラストラビリンスをプレイしました。

この体験レビュー記事を通して『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』を「気になっているけどどうしようか迷っているような方々」にその魅力が少しでも伝わればいいなと思います!!!

▲ラストラビリンス公式トレーラー

 

▲本企画の募集ツイート

はじめに

まずは私のスペックというかVR歴史を少しお話しておきたいと思います。

当時VR自体は未体験でしたがゲーム好きなので気にはなるけど…ってくらいでしたが、最初にVRに興味を持ったきっかけがソード・オブ・ガルガンチュアというゲームの体験動画を見たことでした。

▲ソード・オブ・ガルガンチュア公式トレーラー

剣でリアルに戦える…
ここまでVRがきてたのかと…

しかし、その時はPSVR品薄状態…
Oculus Quest等の存在を知らなかった私は一旦VRから遠のくことになります。

そこで現れたのがPSVRを自腹で配るというツイート!

 

もちろん速攻でRTし、開発された高橋宏典さんから『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』の存在を知り、脱出ゲーム好きとしてはめちゃくちゃやりたいけどもプレイ環境が…

ぐぬぬ…

というわけでしばらくは高橋さんのツイートから『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』の情報を得ていくこととなります。

その中でもホラー回避に必死となっておられる様子がとても面白いけど、どの程度ホラー要素があるの分からず気になったままラストラビリンスの情報を追いかけて出来る機会を虎視眈々と狙う日々…

その間に施設で体験出来るVRホラー体験をしてみたり、(これが意外と平気だった)(これが後に関わってくる)

親戚がOculus Questを買ってやらせてもらったりする中で、(『Beat Saber』楽しいですよね!)

ラストラビリンスやりたい!!って欲が高まっていった頃に体験モニターの募集を見つけ、

これは応募するしかない!!

と思い参加しようと思った次第です。

といった訳なので、全くの初見プレイというよりは「ある程度情報を知った上でプレイを始めた」ことになります。

とは言っても具体的なネタばれは避けるようにはしていましたが…
それでもフォローしている高橋さんから情報は流れてくるのでそれまで未対応だったOculus Questに対応してくれたり、(大変だろうに神対応!)体験会の楽しそうな様子を眺めて楽しんでました。(地方民なので参加ならず)

さて、ここから本題の『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』についてスクショとともに振り返っていきますが、どうしても【ネタばれ】が含まれてきます。
もちろん面白さが半減してしまうので解き方のネタばれはしませんが、ストーリー上のネタばれを含みますのでまだプレイされていない方はご注意下さい。

ラストラビリンス対応VR機器レンタル

※ゲームソフトはレンタルに含まれません。別途ゲームストアでご購入必要になります。

事前情報として知っていたこと

・自分は車椅子に縛られていて、パズル(部屋)を攻略するにはカティアちゃんに頼らなければ何もできない。

・ただしカティアちゃんは何言ってるのか通じず、意思の疎通はレーザーで場所を指示し首を振る「はい」か「いいえ」のみ。

・人によってはホラーと感じる要素がある。

という点でした。この辺は最初の説明書にも出てきます。



そして…ついに

ゲーム開始!!

あまた株式会社さんのロゴ!!

こちらのあまた公式ストアでカティアちゃんのかわいいイラストから普段使い出来そうなグッズまで手に入ります。(露骨な宣伝)(これも高橋さん情報)


多言語選べる優しさ(本編で不便さは一切感じません)


座った状態でスタンバイ!!
基本的に首しか動かさず激しい動作はほとんどないので安心ですが、念のため周囲にはご注意下さい。


最初に映ったのは謎の液晶モニター…
一体誰が監視しているのか…


モニター上に現れる文字!! 

『囚われの身を解き放つのは、君。』

これから始まるストーリーにどんな意味合いが含まれているのか楽しみ…
(暗くてモニターの判別がつきにくくてすみません)



そしてタイトル画面へ…
(説明書は前述してるので省きます)


セーブファイルは三つ作れるみたい。(結局一つしか使いませんでした)
「はじめから」を選択。
オートセーブみたいでセーブ画面は特になく、途中で辞めても攻略していた部屋から始まります。
(仕掛けが何個かある部屋はさすがに最初からやり直しになります)


そして暗闇に現れる電灯。
周囲を見渡したけど何も見えなかったのでとりあえずつけてみることに。
スイッチにレーザーを当ててみます。


すると暗闇から伸びてくる手


電気がついて…


ついにカティアちゃんの登場!!!!
会えるのを楽しみにしていたよ!!(ロリではない)


なんて言っているのかは分からないけど近づいてくるカティアちゃん
それにしても近いですね???
(あと寝ぐせ?髪がはねてるのかわいい)


指示されたのでドアを開けて進んでみることに。


移動シーンは監視カメラから見た画像に変化。
このおかげでVR酔いはない安心感。(大抵移動の時に酔いやすい)

このあたりまでは事前情報(前述)で知っていたので特に驚きもなく、カティアちゃんのかわいさを堪能しつつサクサク進めていきます。
(あとカティアちゃんが後ろに回り込んで何か言ってるのにぞわぞわしました)


新しい部屋は分岐部屋で、扉の前にチュートリアルのチュートリアル。(わかりやすい)


新たな扉へ入るとそこで
「最 初 の 洗 礼」を受けることに…

全体的にどの部屋もですがちゃんと見れば何が起こるか大体分かる親切(?)設計。
重要なシーン(グロい場面)はちゃんと見れないので大丈夫!?


これでしょ!!(ドヤ)
とやったにも関わらず速攻で失敗…
するとグラスに溜まっていく血。一体何を示唆しているのか…
(実績だろうけど何が起こるか分からない恐怖)


▲ルート解説兼選択画面(絵でかわいいけどもある意味怖い)

どうやらここからリスタート出来る模様。
何度か失敗を繰り返した後…
(後でレーザーボタン押したらスキップ出来ることに気づいたけど、知らなかったので失敗するたびに色々観察して楽しんでました)


そして無事!!

解けたあああああ!

扉の先は…脱出??今後幾度となく出てくる崖のシーン。
重要なことが色々起こるので詳細はご自分の目で確かめて下さい!


そしてクリアするごとに一つずつ枯れていく花…
(わかりにくいけど右下にしおれている)


そしてまた新たな部屋から開始…館を脱出というよりはループものかな?
ここから部屋やエンディングが分岐したりしますが、詳細なネタばれは避けたいので必要なシーンのみ紹介します。

それでは新しい部屋のご紹介(一部)


まずは、合ってると緑のランプがつく分かりやすい親切設計のお部屋


ついに出た謎の仮面さんとの対決…!!

ここは事前にチラッと聞いていたんですが暗い中現れる姿はさすがに不気味だった…
詰んでる人がいたので苦労するのは分かっていたけど、ここでそこそこ苦労したのを根に持ってます。(タイミング問題ぐぬぬ…)


無事仮面さんとの対決に勝ち一つ目のコイン獲得
これもまた何かのフラグ?


そしてモニターに映るスタッフロール

ついにエンディング一回目!!(おそらくここまでがチュートリアル)


こんどのお部屋は!?

そして始まる数学のお時間…

聞いてはいたけど、前半は画面だけで頑張ったものの、後半は頭の中が混乱して解けなかったのでノートに書いて一旦整理してから解きました…
(数学なんてとっくに忘れている)
(でも聞いていたよりは難しくなかった)


数学が終わったと思ったら今度は将棋のお時間です…

とは言ってもどうぶつ将棋だし、駒をレーザーで当てれば進めるマスが表示されるのでわかりやすかったです。

(カティアちゃんが話しかけてくれますが実は解説してくれていた模様)
(左の怪しいクスリは…)
(ここはむしろチュートリアルだった)

ここは勝敗の結果で分岐がするので何回か対戦しますが仮面さんは弱いほうなのでまだ楽でしたね…


全エンディング見るために周回するにあたって一番てこずった場面。
(一度正規?ではないルートで偶然クリアしたため逆に苦労することになるという)(基本的に総当たりしても解ける部屋は多い)


個人的に一番楽しかった部屋
(そこまで繋がるんか!ってなった)
謎が色々な所に隠されていて一番脱出部屋っぽくて楽しめました!


クリアしていくごとに増えていく部屋のもの達
(思い出たっぷりですね!)


一通りの部屋クリアし終わって始まるコイン集めの旅…
(エンディング回収)

総プレイ時間14時間13分!

お疲れ様でした!!!!

 

攻略に使ったメモの一部(ネタバレ注意)

まとめ

エンディングは色々な種類があり、その度に「どゆこと?!?!」ってなってとても考えさせられました。
一周しただけではもちろんよくわからないし、全ルート終わっても色々考察できる余地があるのでみんな色々と考察して楽しもうぜ!!

やはりVRならではの臨場感もあって、ホラーは大丈夫な人でもさすがに「うっ!!」ってなるシーンはありました。

でも慣れてくると逆に「どうなってるんだろ?」って気になってじっくり見ていると「エリア外です!!」と怒られるということが多々ありましたね(笑)

元々ホラー耐性があったっぽいのもあったけど、(VRホラーが大丈夫だった話)基本的にはよく見ていれば失敗した時何が起こるか想像がつくので「全然怖くはなかった」です。(※個人の感想です)

(ただし虫!お前は除く!!)
(失敗がした時がえぐいやつ揃いなので製作者さんたちの精神が少し心配)

むしろその辺のホラー要素を期待している人には物足りないぐらいでは?というくらいでした。(重要なシーンはカットされているので)

とは言え耐性のない人が辛いと言っている気持ちもわかるくらいではありますが…

カティアちゃんはいつも巻き込んでごめんね…
庇ってくれる優しさに泣きそうになる時もありました。(それも慣れるまでの一瞬)

そして失敗シーンは次からスキップできる優しい設計なので一回耐えたら大丈夫!
安心して進めて下さい!!!
部屋のパズルの難易度もいいぐらいに設定されていて、全然ヒントがない部屋もあるけど、基本的にはランプが光ったりと割と分かりやすい設計なのでとても助かりました。

高橋さんのインタビューでもあった通り、総当たりすればなんとかなるので、これからやる方は諦めずに出来るだけ自力でやってもらいたいですね!


▲【前編】Last Labyrinth (ラストラビリンス) 開発者インタビュー|あまた株式会社 髙橋宏典社長

 

「脳みそブン回して」(製作者の高橋さん談:詳細は前述のインタビューにて)解けた時の感覚はどんな快感にも代えがたいですので!!

しかしそれまでの部屋は時間制限なくて「のんびり解けるやーい」って余裕こいてたら時間制限来た時の

絶望感たるや…

焦ると余計頭回らなくてちょっと辛かった…

でもパズルのみかと思いきやアクション要素もあり楽しかったー!!

あとはストーリーの詳細を知りたくてコンプ頑張ったけど、一度部屋をクリアしていてもスキップはできないのでそこは頑張って下さい!としか…

ただ同じ作業では面白くないので謎解きのランダム性があってもよかったかな…とはちょっと思いました。

音楽は幻想的でとても耳に残りやすく物悲しくもあり不思議な雰囲気にぴったりとなっています。


以上、脱出ゲーム好きとして感想を書いてきましたが、他にも私では紹介しきれない魅力的な所は多々あるので是非とも怖がらずに実際にプレイしてみて色々感じてもらえたらなと思います!
(主にカティアちゃんの魅力とか)
(VRの臨場感はやってみないと伝わりにくい)

「やっぱ怖いじゃん!」と思ったとしても目をつぶればなんとかなるし、前述した通り一回我慢すればおけ!なので!
(音は聞かないようにするしかないですかね…)

極力ネタばれを避けるため書ける情報も少なく、拙い文章で申し訳ないですが、少しでも魅力が伝わって『Last Labyrinth(ラストラビリンス)』をやってみる人が出てきて、VR人口がもっと増えていけばいいなと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました!!

ラストラビリンス対応VR機器レンタル

※ゲームソフトはレンタルに含まれません。別途ゲームストアでご購入必要になります。

おまけ

時間があれば他のゲームも体験して構わないですよとの好意に甘えてほんの少しだけ別のゲームもやってみました!

それはTHE IDOLM@STER初のVRゲームである

『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』

です!

いちプロデューサー(ファンの呼称)としてはやるしか選択肢はなかった…

スマホで担当が踊る姿を眺めているのもいいですが、VRだとさらに臨場感が増して担当が目の前で踊っているっていいですよね…(涙)

人口が少ないせいか更新されないようなのでもっとVR人口増えて追加DLC増えることを願うばかりです…

関連コンテンツ あまた・髙橋宏典社長インタビュー『Last Labyrinth』