【VR体験記】VRど初心者がOculus Questをお借りしてみました!!!の回

はじめましてこんにちは。

今回アストネスさんの無料体験企画に参加させて頂きましたsyakeと申します。

 

これは先の記述通り【初心者】が【Oculus Quest(128GB)】をお借りした体験記です。

『詳しくない……けど、猛烈に興味はあるぞVR!どうしたらいいんだねVR?』な方のちょっとしたTipsになれたら幸いです。

 

内容的には、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の性能比較や専門的なものはほぼ含まれません。実際にHMDを買うか買わないかで迷っているような段階の人orまだその段階ではないけれど1回くらいは体験したいなーと思っている人に近い目線かと思います。

 

体験を経て得た『こーんなに楽しくて、簡単だから一回やってみて!』というこの気持ちが、気になってるけど足踏み中な貴方に届きますように!

 

VRレンタル・中古品買取販売ならアストネス

 

さてさて、まずはどの程度の【初心者】が今回の体験をしたのかステータス確認といきましょう!

  • 所有しているWin.Mac共にVR環境非対応
  • PC知識激弱。ゲーミングPCはとにかく光るというのはtwitterで見たぞ。
  • VR経験は某撃の巨人展の有料コンテンツで1度体験したことがある。 なんか……すごかった~!
  • ゲームは好きだしSteamは知ってるけど利用したことはないなぁ……。

はい。こんな感じの完全にレベル0状態です。ひのきのぼうすら持っていません。

これだけ見ると「……何故VRに興味を?」ってな感じですが、I Have a dream. 私には……夢があったのです(突然何)!!!

 

「VRChatのモクリちゃんに会いた~い♡」

 

(※企画の趣旨と違う路線に爆走しちゃうので詳細割愛しますが、モクリちゃんとは……めちゃくちゃ可愛いケモなキャラクターでアバター配布もしているのです!)

 

好きな漫画家さんのキャラクターデザインというトラップカードにより、突然VRChatというVRの魔境へ興味がワープしてしまった哀れな初心者……一体どうなってしまうのか!?

 

さあ、何だかよく分からないけど「PCがなくてもOculus Questがあればモクリちゃんに会えるのの?」と知った【初心者】が貴方なら……どうします?

まず、クレカを取り出しますよね?

それでそのままAmazonでOculusQuestをカートに……

 

――けれど、そこへ先人達の待ったの声が響き渡る!

 

『落ち着きなさい初心者よ。Oculus Questはとっても便利ですが、PCに繋ぐVR機器と違い違い、出来ることと出来ないことがあるのです。そこを知った上でポチる方がよきですよ』

……えっ?そうなんですか?????

(※この辺はVRChatにかなり絡むので基本飛ばして、後述に少しだけ記載します)

 

ということで、過去に実際購入を見送り色々調べはしたものの……そもそも比較出来る『体験』を持っていないから、知識は得てもイマイチしっくりこなかった訳です。

だって見てる画像は2Dですしね!ううん、なにが……どう違うんだ……どこをどう知れば。いっそのことそれっぽいPCごと一式……となると、仕事や部屋事情が絡むので簡単には決断できず……悶々とすること数ヶ月。

ぼんやりTLを眺めていると流れてきたのです。アストネスさんの企画が。

これは……飛びつかない訳がありません!

 

そんな訳で寝起きの頭でおかしな熱量のDMを秒速ゴールさせたのでした(てんちょーさんご対応ありがとうございます!)。

よろしくお願いします!!!!!

 

▼1st Day▼ 

そんなこんなで

届きました!いえーい!未来が届いたぞー!

 

(※企画とはいえど、通常のレンタルと同じ流れの模様ですので、ここもばっちり普通にレビューさせて頂きますね)

 

届いた包みは大きいと言えば大きいけど、内容を考えればコンパクトな容量だなぁというのが最初の印象です。レンタルなので当然、飲食しながらのプレイは御法度ですが……大きさ比較に良い物が見当たらずヤケクソでチーズおかきを添えてありますが、これは後程別室で美味しく頂きました。

 

……で。まず普通だったら、ここですぐセットアップや体験に入っちゃうと思うんですけど、個人的に重要だと思ったことを挟みます!

 

アストネスさんでレンタルをするには……

 

レンタルの申し込み→クレカ・PayPal・本人確認だけ用意しておけば秒殺で簡単

機器の受け取り&返却→到着予定も確認出来て受け取り・返却も便利で簡単

 

……なのですが。

当たり前ですけどお借りするのは高級な精密機器です。

注意事項も沢山あります。だから……メールが……

 

おおん……これは懇切丁寧かつ分かりやすいんですけど……文字量が密密の密です……。

ちょっとこれだけ見ると「うっ……」ってなる方もいるんじゃないかなぁ……と感じたんですが、大丈夫です。落ち着いて目を通してみて下さい。全部読んでちゃんとしなきゃと思うと焦るかもしれませんが、どれも難しい事ではないです。

そして、読めば読むほどめちゃくちゃ至れり尽くせりなのが分かります。

(てんちょーさんに謎のママみすら感じます……ママ……)

 

ちなみに事前メールに記述して下さっている

  • セットアップに関する部分の再確認
  • Oculusのアカウント作成(とスマホにアプリのDL)

ここを完了しておくと、到着後すぐに体験できるので是非に(めちゃ簡単です)!

それではようやくオープン!

からの内容確認~!

消耗品のニンジャマスクや備品の電池にクロスなども入ってますので、しっかりチェック!

 

……ででで、初ニンジャマスクにテンション上がりながらも装着&セーットアップ!

えっっっ?これで終わり?簡単すぎる……個人の体感としてはNintendoSwitchのセットアップを思わせる驚異の簡単さでした。

 

だって、やることと言えばHMDを被って浮かれながら、

  • アカウント作成(事前に作っておくと紐付けするだけ)
  • 見え方の調整
  • プレイエリア(ガーディアン)の設定

位なものです。

あとはすぐ遊べちゃいます! 本当にすぐなんです! なにこれすごい!

恐らく身構えていた人程、めちゃくちゃ拍子抜けすると思います。

 

 

※装着に関してちょこっと所感※

「女性からズレる・重い」などの声があると事前に聞いていたのですが、多分ですけど……

セットアップ中にHDM内で流れる映像(スマホ側のOculusアプリでも流れます)で男性キャラが後頭部側のベルトを深く下げる所作があり、それを参考にし過ぎるとと不安定になりやすいような気がしました(頭の形の違いかな?)。

私個人の感覚的には、まず両サイドのベルトをしっかりと止めて仮固定。次に、おでこの上のベルトは「丁度良く見える長さで吊る」ような感じで止めて仕上げるイメージだとしっくりきやすいかなーと。

装着は男女差ではなく自身の頭の『形』や大きさがポイントの筈なので、手順を守った上で『自分にとって安全で正しい位置』を探した方がいいと思います。

(女性は髪を束ねるなら耳より下かベルトから出す形になると思います)。

私は女性(身長156cm頭普通)ですが、男性(185cm頭大きめ)にも試して貰ったところ、付け方でズレたりそれで酔ったりする事があったので、ここは大切な部分だと感じました。

 

重さ(約500g)は私は感じなかったものの、一緒に体験した人は「肩が凝る。長時間は出来ない」と言っていたので、これも個人差や……恐らく姿勢が関係すると思います。

後述しますが、立ち姿勢でも座り姿勢でもプレイは可能です(範囲も再設定が簡単でした)。つい夢中になりそうですが、楽な姿勢とこまめな休憩をおすすめします!

さて……あなたは、なんだか良い感じの部屋にいます(突然何)。

 

 

HMDを被ると、いつもの部屋が突然なんだか良い感じの部屋になって、なんだか凄く未来に来ます。これが未来……。

 

ちなみにプレイエリア(ガーディアン)の広さですが、座って遊ぶ範囲でも2m×2m(両手を水平に広げた位ですね)が推奨とのことですが、

私はベッド脇の1.5m幅のL字上のエリアとベッド上の2ヶ所で遊んでいました。

これ、体験すると『理解できて』びっくりするんですが……設定した範囲が遊んでいても必要に応じて『視えるようになる』んですよ(※スピリチュアルな事案ではないです)。

 

だから場所でお悩みの方はあまり心配いらないかなーと思います。

この辺りは本当にLet's try!

試してみれば、もうこの時点で実際のプレイ環境を確認出来るレンタルの良さを実感できると思います。

 

そんなこんなで……未来へ来てみたはいいけど……

一体何から始めればいいのよVR?ってなことで。

 

まずはチュートリアル的アプリ『FirstSteps』にGO!

要は操作方法のチュートリアル的コンテンツなのですが、これが面白い……!

私はVR空間で無茶苦茶紙飛行機を飛ばしまくり、シューティングゲームをしつこく遊んでました。

(東京ディ●ニーランドのバズライト●ヤーのアスト●ブラスターを豪華にして家の中に持ってきた感じです。当然スタンバイ時間もゼロ! おかわりもし放題!)

コンテンツ内では、映画WALL-EのEVEみたいな子とダンスするパートもあるのでこれは立ってプレイした方がいいかもです。

 

そうして「VRって凄い!」と大興奮のまま次は『Epic Roller Coasters』へ。

これはジェットコースターの疑似体験ゲームですね。

(U●Jにあったきゃりー●みゅ●みゅのVRジェットコースターみたいな感じ)

あ゛あ゛あ゛……

お゛お゛お゛……

 

…… 酔 い ま し た 。

これがVRの洗礼か……。

あまりに怖すぎて咄嗟にしゃがみ込んだんですけど、しゃがんで見える世界も泣きそうな位にヴァーチャルでリアルなんですよ。絶望のハイテクノロジー。

床に手をつくといつものフローリングで安心しました。う、家だぁ……(そりゃそうだ)。

結局、絶叫苦手な私にはちょっとダメでした(何故乗った)。途中でちらっと見えた鳥が可愛かったです。

(※酔いにくいモードやジャングル●ルーズみたいなモードも選べますのでご安心を)

 

で、休憩を挟みつつ……。

大本命『VRChat』へ!!!!!

 

さて……また、なんだか良い感じの部屋にいますよ(ホームエリアっぽい)???

そして全てが英語だ……(スマホを手探ってHMDの下部の隙間から翻訳アプリを使うのは無理があった)。

やばい……どうしよう……よくわかんないけど、部屋にあるマジックで空中にお絵かきするの楽しいな……。

 

 

ってしてる内に、twitterでお世話になっているドッキルさんに同伴して貰える事に!やったー!ありがとうございます!

そして……

「ひぇぇ!kawaii~!!!!!!!」

ドッキルさんが……モクリちゃん(※quest対応版)を着て来てくれたんですよ……あまりの愛らしさに頭可笑しくなるかと思いました。

※quest対応版という部分は後述しますが、PC接続勢との差異にあたる部分になります。

 

これはね……本当に違うんですよ……平面で画像を見ているのとHMDを通して『会う』のは。優劣ではなく圧倒的に世界の解像度が違う。対象がね『存在』するんですよ『目の前』に……。

この瞬間に全てを理解したような気がしました。

HMDでVRを楽しんでいる人々はセワシくんで我々はのび太だったのだと(?)。

 

それから基本動作等々レクチャーいただきながら『Vケット4quest会場』に連れて行って頂きました!(Vケット→バーチャルマーケットとはVR空間で使用するアイテムを売買できる即売会のことです。電脳コミケみたいなイメージです)

どことなく国際展示場やメッセ感あふれる広大な会場!

ハンガーの所へ近づくとアバターの試着をさせて貰えます!

いろんなブースでお着替えさせて貰ったら鏡で確認が出来るんですけど、もう

「これは……沼だぞ……」

あのですね、手を上げると可愛いアバターも手を上げて、しゃがむとしゃがむんですよ(見たままを言っている)。私……もう真剣にサメとして生きていこうと思った位です(サメの着ぐるみを試着させて貰っている)。

 

※ちなみにここで操作設定を酔いにくい設定に変える方法を教えて頂きました。

個人差があると思いますが、周りを見渡す操作割り当ては慣れるまでは角度毎にカクカクしてた方が色々な面で良さそうです。

 

それから素敵なお家空間のワールドへ連れて行って貰い色んな方とお話させて頂き初日は終了しました!

(ドッキルさんをはじめ遊んで下さった皆様ありがとうございました!)

 

▼2nd Day▼

※スクショが少ないのは夢中になって遊んでしまったのと、一回ホームへ戻ってからじゃないと撮れないのでプレイ中の撮影は結構難しかったのです。

 

初日で大本命モクリちゃんに会えるという燃え尽き症候群気味な二日目……。

そもそもOculus Questって「何が出来るのよ?」って話なんですけど(二日目にする話ではない)。

  • ゲーミングPCがなくてもVRゲームが出来る
  • その他映画やいろんなコンテンツがコードレスで楽しめる

というのは知っているぞー(雑)!ということで。

ちらちら気になっていた超メジャータイトル『Beat Saber』……ではなく、まずは色んなゲームから……(音ゲーが苦手なので日和ってる)。

 

『AUDICA』

二丁拳銃ですよトゥーハンド!簡単操作かつガンとターゲットのカラーリングをカスタム出来るのが良かったです(推しカラー)!

ゴキゲンな曲に合わせてバンバン撃ちまくり!装填動作など難しいこともなくストレスフリーで遊べました。個人的に大好きですこれ。

 

『Jurassic World』

映画のジュラシックワールドを追体験する360°な映像コンテンツでした(ストリームとDLを選べます)。

迫力満点……このクオリティでモンスターハンターをしたら絶対に何も倒せないと思いました……臨場感凄いです。

 

『Amazon prime』

休憩がてら座って背面にクッションをたっぷり置いてだらだらと。Amazon primeに限らず、どこでもこんな風にリラックスして映像コンテンツや調べ物が出来るのは凄いと思いました。この辺がOculus Quest(コードレス可)の最大の強みだなーと実感。

 

『テトリスエフェクト』

「ふふふ……テトリス99に狂っている私をどこまで受け止められるかな?」と血気盛んにDLしたものの……プレイしてすぐに禅の境地に連れていかれました。

目の前に積み上げられていく立体感のあるテトリスミノ。ラッ●ンの絵の様なイルカ、波飛沫、宇宙、良い感じのサウンド。

ゲーム的にはTetrisと言うよりはLUMINES感を強く感じましたが、とにかく没入感があるので……なんかもうテトリスしながらチームラボの展示を体験しに来ているような不思議な感じでした。

 

『Beat Saber(DEMO)』

覚悟を決めてまずはデモ版で練習を……英語だー!

でもまだ焦る時間じゃない。なんとなく言っていることは分か……あっ、これ突くんじゃないの?はい。。。

気づいたら無茶苦茶やってました。大変恐ろしいゲームです。学生の頃、学校帰りに皆でゲーセンに集まってダンレボしてた(そして弄られまくった)日々を思い出しました。

 

『YouTubeVR』これの360°対応の映像がですね……動画の中に入れる感覚を味わえます。面白い!

 

あとは『VRChat』も。

二日目はこんな感じでプレイしました。

すっかり操作にも慣れて、身近にVRがある生活を満喫できました。

ちょっと注意しなきゃなーと感じたことは……。

 

疲 れ る。

 

いや、疲れるんですよ……なんだか。

やはり目を使うのと、没入感があるからだと思うんですが。

普通のゲームでも「昔ほどは長時間出来なくなったなー」って方は本当にちょくちょく休憩挟んだ方が良いかもしれません。レンタル期間にもよりますが、遊びたいことの8割が出来れば上々かなぁ。

 

▼3rd Day▼

この日は冒頭の装着に関する記述で出てきた相棒にも体験しに来て貰いました。

……他の人がHMDを着けて操作している光景は……こう、なんか知らないとやばいですね。これ単身住まいじゃない方は、家族に一言言っとかないと心配されるかもです(笑)。

 

あと『眼鏡』に関してですが、これは眼鏡用のスペーサーが同梱されているので、それをHMDに挟み込むように装着すれば……ってこの辺は説明にあるので省略して、実際の感じとしては。

 

「問題は少ないけど可能ならコンタクトレンズの方が気が楽」です(個人的な感想です)。

 

私も何度か手持ちの眼鏡で試しましたが……ニンジャマスクがズレやすいのと、細身の眼鏡でもギチギチしてたのでちょっと怖かったです。レンタルだと思い切りはよくなれない……。相方は結構ゴツめの眼鏡をしているので、諦めてコンタクトレンズを装用してました。

体験したのは以下のタイトルをざざっと駆け足で。

『FirstSteps』

『Epic Roller Coasters』

『YouTubeVR』

『Jurassic World』

『Beat Saber』

『VRChat』

 

ちなみにクライミングを体験できる『The Climb』DLするつもりでいたのですが、あまりのリアルさに(Oculus Questは画質も良いのです!)NGが出まして。

高所恐怖症ガチ勢には『YouTubeVR』の海中動画も相当怖いみたいです……(大変すまんことをした)。それと『VRChat』のVケット4 Quest会場で試着遊びをさせてみたら、鳩を好んで着ていたようです。バ美肉じゃなくてバ鳩肉?????

 

そんなこんなで一旦休憩を挟み、私はまだまだ遊びます……!

『Kingspray Graffiti』

悪そな奴らは大体友達!なヒップでホップなナンバーをガンガンに流してスプレー缶で街中におえかきしまくれるゲームです!

これも英語ですがUIがシンプルなのですぐ操作は分かると思います。

現実でやったらNGなことでもVRの中なら出来ちゃう訳です!凄い!しかも液だれ設定(オフに出来ます)とかディティールがリアルなのも良い!

体験してみると分かるのは……スプレーアートはかなり難しいってことですかね……実際の違法な落書きはダメだと思いますけど、あれ綺麗に描くの大変なんだなぁ……って思いました。

どうでもいいですが、自撮りすると映り込む自アバターのマスクがサバゲーするときのフェイスガードに似てたので、なんちゃっておしゃれマスクなのかちゃんとフィルター入ってるのかが妙に気になりました。でもそんなことはどうだっていいのです。VRなら肺の心配いらず&合法的に街中にスプレーでお絵かきしまくれます!最高!

 

その他『Beat Saber』と『VRChat』を触って三日目も終了。

明日は名残惜しくも返却です!

 

▼4th Day▼

最終日は遊び倒そうと『YouTubeVR』『VRChat』を触った後、

『Wander』

これは『GoogleEarth』がQuest非対応な為、アストネスてんちょーさんにオススメいただいたアプリで、GoogleEarth動揺に世界中を歩き回れるコンテンツです。

……これがかなり面白かったです。

(そしてこれまた、なんかいい感じのホームエリア。VRコンテンツはやたらなんかいい感じの空間から始まりがち?)

ここから世界中どこにでも旅行に行けちゃうんです!

まずは国内!

国内で道が分かる範囲だと運転するように道を辿ってお出かけも出来ますし、検索からの近くのオススメスポットに行ってもいいし、やはりHMDの強みである臨場感を最大限に感じることが出来ました。

折角なのでVR帰省とVR餃子とVR墓参りをして、VR出勤をした後……憧れのニューヨーク・ラスベガス・スペインツアーに!

この時もベッドの上でクッションにもたれながらのプレイだったので、サグラダファミリアのど真ん中で寝そべることも出来ましたし、天空の鏡ウユニ塩湖でも横たわってきました。

しかし、そんなバチ当たりなことをしていたからでしょうか……。

 

突如強烈な寒気が。

 

一旦休憩を挟みましたがどうにもおかしいので検温してみた所まさかの38.6℃これは……熱がありますね(そうだね)。

症状としては今流行のアレではなく、元々持病の内臓系疾患のものですが、無理して遊ぶと返却に差し支えそうなので、身体が動く内にお片付け……。

……の前に!

 

スクリーンショットのデータの吸い出しと、初期化です!

スクショの吸い出しに必要なのはUSBの片側がTypeAと反対がTypeCになってるやつです。

うちは探したらNintendoSwitchのモンスターボールの充電ゲーブルが同じ物だったので使ってみましたが、長さがないとPC接続を承認する為にHMD内での操作が必要になるのでちょっと大変だからオススメではないです。

初期化はHMD側でも出来るようですが(アストネスさんのメールに詳細載ってます)、私はスマホアプリ側から操作しました。簡単というか一瞬でした。凄い!

 

ここまでやってから、コントローラーの電池を抜いて、全部あるか確認して軽く拭いて綺麗に詰め直して……で、おしまい!

 

かなりの衰弱状態で取り組みましたがータルで10分程度しかかかってなかったと思います。開封してセットアップも全然時間が掛からなかったし、とにかく簡単です。

ありがたい……。

 

後は同梱されていた伝票に追記して、コンビニや営業所から発送するだけ……

だけど、今回はクロネコヤマトのアプリから集荷依頼(これもアストネスさんのメールにも集荷依頼リンクが付いてます)で備考欄に体調が悪い為こちらはマスク着用対応&念の為にドアの隙間越しである旨を入れて送信。

 

この時熱は39℃を超え、自宅の玄関が遠い……さっきまで私はウユニ塩湖(※南米ボリビア)にいたのに……。

 

……まさにヴァーチャルなリアルからセチガラいリアルへと、魔法が解けた瞬間でした。

そんなこんなで、ヤマトの方が集荷に来てくださって(ありがとうございます)

無事返却!

 

▼レンタル期間を終えて▼

とにかく魔法のような4日間でした。

VR機器の導入を迷っていた数ヶ月……あれはなんだったんだろうと思う程に。

これは『百聞は一見にしかず』という言葉、そのものです。

 

正直に言うと、私は今回のレンタルのおかげでOculus Questを恐らく選ばないだろうという『仮の選択をすること』が出来ました。

主な理由は『VRChat』です。あとは体験したかったいくつかのコンテンツがQuest非対応だったことです。

これは私の目的の話になってしまうのですが……Oculus QuestはPC接続を必要としないスタンドアロン型のHMDです。そこが売りであり弱点になる部分もあります。

Oculus QuestではPCに接続しているユーザーとは同じ様に遊べない場面が多々出てきます。(PCとOculus Linkを使えば解消できるようですが)

『VRChat』ではその部分が色濃く出るので、それをどこまで許容できるか出来ないかというラインは『実際に自分で体験』してみないことには分からず、私は『選択が出来なかった』のです。

 

これはレンタルで体験できたからこそ選べた選択で、今後VR機器を検討する際に重要なものさしにすることが出来ます。

だからレンタルでたっぷりと体験ができて本当によかったと思っています。

 

と は い え

あまりに快適で素晴らしい体験だったので、目的が違うものであったなら、私はこのまま同じ物が欲しい……連絡していたと思います。それ位Oculus Questは良かったです。

 

(アストネスさんでは販売も行っています!レンタルで気に入って「YOU…うちの子になっちゃいなよ!」と思ったらストアも覗いてみましょう)

 

 

Oculus Questなら複雑な設定や、ゲーミングPCの必要もなく、充電があればコードレスで自由にVRを楽しめます。

いつもの見慣れた自分の部屋が、寝室が。一瞬でプラネタリウム『天空』も顔負けの星の海になったかと思えば、ディ●ニーの『ソア●ン』もびっくりの世界旅行に飛び出せます。

映画館よりも近くに映画を、ゲームセンターよりもリアルにゲームを。こんなにエキサイティングな世界に、自分も手を伸ばす事が出来るなんて思ってもみませんでした。

 

『VRChat』内でも他のユーザーさんはコードに繋がれた状態で、その取り回しが大変だという話も聞かせて貰いました(人によっては天井から吊してるとか……!)。

他機種との性能差を数字で見てもしっくりこない方は是非レンタルを試してみて欲しいです。勿論「ちょっとまだ買う買わないまではいかないけど、気になるなぁ」って方も是非是非に!

 

レンタル料金は恐らく安価とは言い難いかもしれないけれど、

プラネタリウムも遊園地も映画館もゲームセンターも……数日貸し切りでお家に持ってこれるとしたら?それってちょっとお得な体験なんじゃないかなって、私は思います。

 

……以上、VRど初心者がOculus Questをお借りしてみました!!!の回でした。

アストネスてんちょーさん貴重な機会をありがとうございました!

 

皆さんもVR機器をレンタルするならアストネス