【画像付き】Oculus Go・Questを初期化(リセット)する方法

VRレンタル・中古品買取販売ならアストネス

スタンドアローン型VR HMDのOculus Go(オキュラスゴー 以下Go)とOculus Quest(オキュラスクエスト 以下Quest)を工場出荷時状態に初期化(ファクトリーリセット)する方法を画像付きでご紹介します。

初期化と⾔うと⼤げさに感じるかもしれませんが、GoやQuestは現時点(2020年2月現在)では、⼀台で同時に複数のアカウントを利⽤することが出来ません。そのため、HMDのトラブル時や手放す以外に、他のアカウントでログインする際にも本体のリセットが必要になります。

アストネスでOculus GoやQuestをレンタルされたお客様も、当店へご返却の前にHMDの初期化をお願いしています。

初期化する⽅法は2つあります。

スマートフォンのOculusアプリで初期化する

1.Oculusアプリを起動し、下段メニュー欄から⼀番右の「設定」を選択します。

2.初期化するヘッドセットのタブをタップし、メニューを表⽰します。続いて「その他の設定」を選択します。

3.「出荷時設定にリセット」を選択し、確認画⾯の「リセット」で実⾏します。

リセット後に再度VRの設定をする場合はこちらのセットアップ記事を参考に初期設定を⾏ってください。

HMD本体の操作のみで初期化する

1.本体の電源をオフにしておきます。

2.本体の電源ボタンと⾳量のマイナス (−) ボタンを同時に⻑押しして、次の画⾯を表⽰させます。

3.⾳量ボタンを押して「Factory reset」が⻘で囲まれる場所を選び、電源ボタンで決定します。

4.誤操作防⽌の画⾯に移ります。GoとQuestで表⽰に多少の差はありますが内容は同様のものです。

5.先ほどと同様、⾳量ボタンで「Yes」を選択し、電源ボタンで決定すると初期化が始まります。

リセット後に再度VRの設定をする場合はこちらのセットアップ記事を参考に初期設定を⾏ってください。

 

筆者紹介:サツキトウカ

2019年に360度カメラ関連からVRに触れ、10年続けたカメラ業界から転向を決意。
多様な現場での販売やイベントスタッフの経験を活かし、xR業界でセールス職を⽬指し転職活動中。
雑貨屋巡りや⾳楽が何よりも好き。xRのチカラで⾝の回りを好きなものだらけにしたい。

記事トップへもどる

アストネスVRレンタル