Web CM 公開中!

改善点・改悪点は?Oculus RiftとOculus Rift S比較・変更点まとめ

こちらの記事では2019年5月21日に発売の「Oculus Rift S」と先代「Oculu Rift」を比較し、違い、変更点および改善された点、改悪された点をまとめています。ぜひRift S購入の参考にして下さい!

・「Oculus Rift S」とは?

「Oculus Rift S」2019年5月21日に「Oculus Rift」の後継機として発売されました。「Oculus Rift」とは互換性を有しており、Oculus Rift向けのコンテンツをそのまま利用できます。また、使いやすさの面で格段に向上した、進化版となっています。

「Oculus Rift S」のスペック

・「Oculus Rift S」と「Oculus Rift」の変更点まとめ

変更点早見表

項目 Oculus Rift S  Oculus Rift
トラッキング方式

インサイドアウト方式(内臓カメラの利用)

外部センサー
解像度 1,280×1,440 1,080×1,200
表示パネル LCD OLED
装着方法 ダイヤル式 マジックテープ

1.トラッキング方式の変化

 一つ目の変更点はトラッキング方式が外部センサーを利用する方式からヘッドセットに内蔵カメラを利用して行う「インサイドアウト方式」に変更になった点です。これにより今までは面倒であった外部センサーを用いたセットアップが不要となり、セットアップがかなり簡単に行うことが可能です。また、ヘッドセットを外すことなく周辺の実世界を見ることができる【パススルー+(Passthrough+)】機能によりヘッドセットを外すことなくプレイエリアのセットアップが可能になりました。これらはVRが普及する上で大きな前進となりました。 

 これは「Oculus Rift S」の大きな改善点の一つと言えます。

2.解像度の改善

 二つ目の変更点が解像度です。「Oculus Rift」の解像度は 片目1,080×1,200と他のヘッドセットに比べ、見劣り数値でしたが、「Oculus Rift S」では片目1,280×1,440と大きく向上しています。

 これは「Oculus Rift S」の大きな改善点の一つと言えます。

3.表示パネルの変更

 三つ目の変更点が表示パネルの変更です。「Oculus Rift」の表示パネルは有機ELである、OLEDパネルを使用していました。一方「Oculus Rift S」の表示パネルは液晶である、LCDパネルに変更されています。この変更により「Oculus Rift」の時に感じていたドットのような網目感が無くなっています。

 これは「Oculus Rift S」の大きな改善点の一つと言えます。

 一方でこの変更により、黒のが多少落ちています。これは有機ELと液晶の違いによるものです。これは「Oculus Rift S」が黒を表現できないという訳ではありません。あくまでが落ちているので、真っ黒を表現する際に違いが分かるという程度のものです。

 これは「Oculus Rift S」の改悪点の一つと言えます。

4.装着方法の変更

 4つ目の変更点が装着方法の変更です。「Oculus Rift 」では、側頭部と頭頂部をマジックテープで固定する方式でしたが、「Oculus Rift S」では後頭部のダイヤルを回転させて締める方式になっています。これにより締め付けの調整がしやすくなっております。また、レンズが前後に移動可能になっており、スペースを調整することができ、メガネをかけたまま装着する事が可能です。

 これは「Oculus Rift S」の大きな改善点の一つと言えます。

・「Oculus Rift S」の改善点

  1. トラッキング方式の変更によるセットアップが容易になった点
  2. 解像度の向上
  3. 表示パネルの変更による、網目感の消失
  4. 装着方法の変更による、締め付けが容易になった点
  5. メガネをかけたまま、装着できる点

・「Oculus Rift S」の改悪点

  1. 表示パネルの変更による、黒色の質の低下

まとめ

 最後まで読んでいただきありがとうございました。以上「Oculus Rift」と「Oculus Rift S」を比較してみました。改善点と改悪点を見比べてみると、やはり改善点が多く確実に進化しています!

また、「Oculus Rift S」のレンタル、スペック はこちらから

記事トップへもどる

アストネスのVRレンタルサービス