〈VR×教育〉VR技術を駆使した教育現場「N高」「S高」とは?【角川ドワンゴ学園】



本記事をご覧いただきありがとうございます!

Astoness Bizでは、VRレンタルサービスを手がけるアストネスが、当社のサービスをご利用いただいた企業・団体様をはじめ、VRに関連する事業・活動をされている方々にインタビューを通して、その実態・魅力を発信しています。




本記事は、Astoness Bizの第一弾です。

そんな記念すべき回に、なんと!2016年にN高等学校が開校して以来、国内外問わず注目を浴び続け、2022年9月30日時点では国内最多の生徒数23,013名が在校する「学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校・S高等学校」から、S高等学校の校長、吉村 総一郎氏にインタビューさせていただきました!(以下、N高等学校はN高、S高等学校はS高と記載します)

本記事では、N/S高で行われている最先端のVR授業をご紹介する他、日々進化が止まらない「ネットを駆使した未来の学校」であるN/S高の実態について紐解いていきます!

ここでしかお伝えできない校長先生からのコメントが含まれますので、全容お見逃しなく!


 


 もくじ


1|N/S高の概略紹介

2|N/S高の概略紹介

3|N/S高の「未来」

4|メッセージ

5|N/S高の情報まとめ







 1|N/S高の概略紹介

■ ICTツールを活用した効率の良い学習制度

N/S高についてまず押さえておくべき点は、ネットと通信制の制度を活用した新しい「ネットの高校」だという点です。同校では、授業内外において最先端のICTツールを活用し、効率よく高校卒業資格*を取得するための学習が可能です。効率よく学習することで、自らが学びたいことに多くの時間をあてられます。例えば、オンライン学習では通学時間を必要とせず、世界のどこからでも自分のペースで学ぶことができる点も利点の一つです。
*高校卒業資格の取得に必要な学習:主にネット学習、スクーリング(全国拠点のスクーリング会場に参加)、テストの3つが必修です。

▷ N/S高の学習とサポート: https://nnn.ed.jp/learning/


■ 好きなことを好きなだけ学ぶことができる

また、N/S高では幅広いプログラムが用意されています。「好きなことを好きなだけ学ぶことができる」という言葉の通り、大学受験対策・プログラミング・語学などに加え、リアルで体験する職業体験・留学プログラムなどの課外授業やeスポーツ・投資・起業などを学べる部活があります。


■ やりたいことが見つけられる学習環境

特筆すべきN/S高の最大の魅力の一つは、上述の授業プログラム・イベント・部活動において、社会の第一線で活躍するプロに出会い、直々に学べるチャンスがたくさんあることです。更にそういった学習環境が、技術革新や社会の変革と共にアップデートされていきます。N/S高では、日々の高校生活を通じて「やりたいことが見つけられる環境」が整っているのです。




 2|N/S高のVR授業

■ バーチャル技術を用いた式典・学習

2016年4月、N高の入学式では全国各地にいる新入生がGear VRを装着し、沖縄県の伊計島にあるN高本校の様子を体感しました。2017年の入学式ではMicrosoft HoloLensが使用されました。同年にはユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社(Unity社)と日本マイクロソフト株式会社と共にプログラミングの共同授業「Unityを使ってHoloLensアプリを開発しよう!」が実施されました。

そういった積極的なバーチャル技術を取り入れた式典や特別学習などが行われた後、2021年4月からN/S高でVR端末を使用したバーチャル授業がスタートしました。
今現在では生徒数23,013名(2022年9月30日時点)のうち、6,275名(2022年5月10日時点)にVRゴーグルが配布され、日々の授業・イベントなどにおいて活用されています。

▽ 2017年度 N/S高 入学式の様子




2-1|VRを用いた教室とは?

■ VR授業は「PC・タブレット授業」と何がちがう?

N/S高におけるバーチャル技術を用いた学習は、元来のオンライン教育の弱点を補強し、克服するものだという考えに基づきます。PC・タブレットによるモニター授業と比べると、VR授業では360度見渡すことが可能なバーチャル教室内に没入することで、より勉強に集中しやすい環境に身を置くことができます。同じ空間にいる他の生徒と言葉を交わさずとも、身振り手振りで交流すること(非言語コミュニケーション)さえ可能です。もちろん身体を動かすeスポーツなどを通じて体力作りも欠かしません。

▽ VR授業の様子




VR学習における一番の特徴は、3次元(立体的)な知識取得に役立つ点にあります。立体的に観察することで思考はより深くなり、心理的なトレーニング(緊張緩和の練習)も可能になります。例えば、VR内で外国人に英語で自己紹介するといったシミュレーションを繰り返し行うことは、実際の状況を想定した学習ができ、より効果的です。

3次元空間で見て回った知識は、教科書上の写真1枚と比較すれば情報量が大きく異なることは言うまでもありません。要するに、ペーパー学習の場合、テストの問題や回答がパターン化した学習になりがちな一方、VR空間では経験的に身についた情報学習になり得ます。併せてレポート提出などもあり、生徒の知識定着を図っています。



▽ VRを使用した対話型の英会話や面接練習の様子





■ VR初心者でも授業参加は可能?

魅力的なVR授業でも、VR初心者の方の中には少しハードルや継続して使用することに不安を感じてしまう方もおられるかもしれません。でもご安心を。機材の使い方やセットアップについては、誰でも理解できるようなマニュアルや動画が用意されています。また入学時をはじめ、定期的に講習会も開催されています。生徒個人に対しては専用の問合せ窓口もありますので、VRを始める際も使用していく中で気になる点もサポートチームを頼ってくださいね。



■ 修学旅行もVRで!?

2022年にVRアプリケーションの「Wander」を活用したバーチャル修学旅行が実施されました。世界三大宗教であるキリスト教・イスラム教・仏教をテーマにそれぞれの宗教にまつわる土地を巡るというようなテーマ別のコースを自由に選択し、生徒と教職員が一緒に世界中の名所を巡りました。


▽ 修学旅行時の様子





■ 生徒主体のイベントが毎日行われている?

N/S高の学校イベントは年間を通して様々ありますが、「ニコニコ超会議」の会場で催される文化祭(愛称は「磁石祭」)などN/S高でしか体験することができないN/S高ならではの内容のものが目白押しです。各種イベントは、企画立案から準備、当日の運営までが生徒主体で実施されます。


▷ 年間の学校イベント:
 https://nnn.ed.jp/about/event/

▷ 磁石祭2022特設ページ(ニコニコ超会議2022):
 https://chokaigi.jp/2022/plan/nkou.html

▷ 磁石祭2021-2022アーカイブ公開中:
 https://nnn.ed.jp/school_festival/




学校イベントの他、生徒主催による「バーチャル夏祭り」、教職員の交流を目的とした「バーチャルカラオケフェス」、生徒が毎日定刻に集まり一緒に身体を動かす「バーチャル空間でラジオ体操」など、イベントの目的や形態も多岐にわたります。またそれらが連日開催されていることもN/S高の生徒達の熱量を感じずにはいられないポイントですね。

▷ イベント実行委員を経験した生徒さんによるブログ記事: https://nnn.ed.jp/blog/archives/16327.html



またイベントの内容は、学習やエンタメだけに止まりません。大学受験や志望校合格を目指し、共に切磋琢磨し合う仲間が集う会なども実施されています。

▷ 【オンライン通学コース】生徒が企画したイベント: https://nnn.ed.jp/blog/archives/18550.html





VRを用いた学習系のワークショップもたくさんありますよ。私も自ら参加しているものも多くあります。 かのアンネ・フランクが家族と隠れて過ごした家を再現したVRアプリ「Anne Frank House VR」を使用したワークショップでは、生徒達が家の中を歩き回ります。

その後生徒同士で意見を交わし、戦争下にいた人々の苦しみや恐怖について再確認する内容となっています。 その他、東京大学やミミクリデザインと提携し開発したカリキュラムや OceanRiftを用いた深海生物の研究などを行っていたりもします。



▷ 「ネットの高校」ブログ: https://nnn.ed.jp/blog/index.html


画像右上:©『STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2022 実行委員会』 All rights reserved.
画像下:©2012-2022 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.


■ 部活動はあるの?

冒頭でも述べたように、N/S高にも数々の部活動があります。イベントなどリアルで行われる活動もありますが、主軸はネットでの活動を行う「ネット部活」です。部員同士の交流の他、特別顧問による直接指導も併せて取り組まれています。




生徒達を見ていると部活動に打ち込んだ生徒達は、一生の友達になり得ているようですね。今日のeスポーツで日本のトップで活躍している人たちの中には我が校のeスポーツ部出身の人がいるチームがあります。一般社団法人未踏が主催する「2020年度 未踏ジュニア」*(文部科学省・経済産業省が後援)にN高から3チームが選出されたこともあります。起業部に所属していた生徒の中には、在学中や卒業後すぐに起業している人もいます。

ネット内に止まらず、オフラインでの付き合いにも発展しやすい活動の場には、ソーシャルVRコンテンツの「Rec Room」と近未来型 VR eスポーツ「Echo VR」が挙げられます。これらのコンテンツでは、オンライン上で交流したその延長線上で、オフラインでの交流も楽しんでいる生徒も多くいるようです。
ちなみに、本校内でのコミュニケーションツールとしては「Rec Room」が使用されることが多いようです。

本校へ進学された際には、部活動への参加をおすすめします!

*未踏ジュニア:独創的なアイデア、卓越した技術を持つ17歳以下の小中高生及び高専生を支援するプログラム。



▷ ネット部活一覧: https://nnn.ed.jp/about/club/


▽ ネット部活例:起業部


▽ ネット部活例:eスポーツ部





2-2|N/S高の教育姿勢とサポート

■ 「ネットを駆使した未来の学校」とは?

これまで述べてきた内容からもわかるように、N/S高では多様な独自の学習カリキュラムを通して生徒達の主体性を促す教育体制が敷かれています。また本校の「行動指針」からも、未来を生き抜く生徒たちを後押しするN/S高独自の教育姿勢を垣間見ることができますので下記にご紹介します。


ミッションステートメント
 ネットを駆使した未来の学校であれ

行動指針
 1. ネットで友達をつくれる学校づくりを大切にします。
 2. 生徒がプライドを持って通える学校にします。
 3. 生徒が社会で活躍できる武器を得て社会へ踏み出せるよう、指導にあたります。
 4. 教育とITの融合に取り組み、効率化とITスキルを極めます。
 5. 様々なすぐれた資質を持つ生徒たちの、様々なコミュニティを作り、生徒たちが楽しめる文化の醸成に貢献します。
 6. 他校や既存の教育制度を否定しません。
 7. 常に未来の学校を目指し、挑戦し続けます。
 8. 多くの生徒に選ばれるようになることで、より品質の高い教育を提供できるようにします。
 9. 全ての生徒を救う理想と現実をしっかり見つめ、我々ができる範囲の指導をします。




我々の目的は、ネットを介した新しい高校を作ることです。 それを実現するための行動指針として9つの役割を掲げています。まず前提として、私たちは未来の学校の価値は「コミュニティの形成」にあると考えています。つまり、自らの興味関心がある分野や趣味、研究内容などを通して誰かと繋がる環境や設備は生徒にとって非常に大切になってくると言うことです。

事実として、友達ができた生徒の方がより進学率や学習のモチベーションが高い様子が見受けられます。コミュニティをいかに作れるか。また同時に生徒達自身の社会を生き抜くスキルがいかに身につくかが重要視されます。



■ 生徒を支える「メンター制度」って?

N/S高には教科指導員とは別に、学びや進路について生徒のサポートを行う教職員が在籍します。この“メンター制度”では、所属コースにかかわらず全ての生徒に複数のメンターがついています。教職員の分業制を徹底し、部活動・留学・進路指導など数々の支援チームがあります。教職員間で情報共有をしながら生徒と1対1の定期面談を行うなど学校全体で一人の生徒を支えています。
科指導員以外は教員免許に依存しない採用を行っているため、教職員も様々な経験や価値観を持ち、生徒たちが多様な大人と出会う機会が多くあります。一人だけの担任制に比べ、多様な角度からアドバイスや教訓を得られ、教職員を通じた社会接続のチャンスも数多く存在します。



■ バーチャル空間における生徒の安全性

バーチャルコンテンツと聞くと、安全面を気にされる方は生徒や保護者の方々に共通して多いのではないでしょうか。そういった不安はVRに触れたことがない方よりも、むしろVRChatなどのVRソーシャルコンテンツを使用されたことの多い保護者の方には、高校生が学業の場で活用することにポジティブに捉えられない方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、N/S高はそういった点を重々理解したプロチームにより、不安を払拭していただける安心の学習環境を敷いています。具体的にはバーチャル空間の行動規範に準ずる生徒指導を行い、かつ学習カリキュラム上では生徒がいる環境とパブリックスペースとを切り離して運営されています。



■ 海外からの評価

開校当時から最先端技術を用いた教育の創出を先導し、年々生徒数も拡大させ勢いが止まぬN/S高は、もちろん海外からも熱い視線を浴びています。


▽ 世界教育団体からの選出歴:


2022年9月英国の教育団体「T4」が選ぶ
「世界最高の学校賞」イノベーション部門において、
TOP3に国内で唯一N高が選出されました。


アジアの教育に革命を起こした団体を表彰する
「Bett Asia Award 2022」
N/S高等学校が、パイオニア賞にノミネートされました。



 3|N/S高の「未来」

■ あらゆる最新技術を用いた学習カリキュラム

今後もN/S高は、VR・ARのような最新のバーチャル技術だけにとどまらず、あらゆる最新技術を用いたデバイスやコンテンツを学習カリキュラムに柔軟に取り入れていく姿勢でいます。



本校の運営と発展はもちろん、「未来の教育現場の創出」また「それを体現できる場所の提供」は私たちが学校内にとどまらず日本全体の教育において大きな役割を担うと考えています。国内の教育関係各所をはじめ、地方自治体などからもオンライン授業・VR教育についてのお問い合わせをいただくことが増えており、可能な範囲で協力・協業をさせていただいています。

他国の教育と比べても日本の教育現場は今後更なる成長が望まれます。特に教育にかけるコストと時間の効率化を底上げするためには、最新技術を駆使した体制づくりが必要だと考えます。



 4| メッセージ

■ N/S高からのメッセージ

N/S高ではAIやVRなど最新技術を活用した様々な教育環境を整えています。最先端のテクノロジーでしか学べないことやそこから生まれるネットのコミュニティや文化、また最新技術を活用したチャレンジなどは、感性豊かな若いうちに体験することで生徒のより良い成長の機会になると考えています。

最近ではオンラインを活用した教育が当たり前になりつつありますが、オンラインを徹底的に活用した教育という点でこの学園は常に先端を走り続けていると考えています。ネットの力を引き出し、個々人に合わせた多様な深い学びができるこの学園をぜひ選択肢の一つとして考えてもらえますと幸いです。

N/S高は、本校に関心を持っていただいたすべての方の入学志願を歓迎します。N/S高は一人一人に合った学びができる場所です。それぞれが主体的に考え、行動できるようにサポートします。



■ S高校校長からのメッセージ

「若い時に新しい技術に触れてこそ、その経験は未来の社会で大きな糧となる」

若い時に新しい技術に触れることは、その後の人生に大きな影響を与えます。VRは新しい技術の先駆けです。間も無くして眼鏡タイプのレンズに投影するタイプのVRなどが出てくるでしょう。そういった時代になった時、常に新技術に触れておくことは社会を生き抜く上で非常に役立ちます。

私は高校時代にインターネットに触れることができました。そのことが私の後の人生の礎となりました。

今後は機械学習においてもVRやARを組み合わせたソリューションがでてくるでしょう。また更に、AI技術におけるシナジーも開拓していきたいと考えています。
学校法人角川ドワンゴ学園
S高等学校

校長
吉村 総一郎 



 5| N/S高の情報まとめ

■ ホームページ / Twitter / Youtube

▷ N高等学校・S高等学校 ホームページ| https://nnn.ed.jp/

▷ N高等学校・S高等学校 Twitter| https://twitter.com/nhigh_info/

▷ N高等学校・S高等学校 YouTubeチャンネル| https://www.youtube.com/channel/UC2svCyhzrmkDHzE8yTyid-w


※ 画像提供:N高等学校・S高等学校

 

ご感想|アストネスのレンタルサービスについて


■ レンタル機器:
Meta Quest 2 × 140台

■ レンタル目的:
教職員研修用・・・普通科が開講するタイミングで事前に教職員へのVR研修が必要であったためレンタルを依頼しました。教職員のVRスキルが上がったことで生徒へのレクチャーやアドバイスの精度が向上しました。

■ レンタル機器の状態について:
これまで2回ほどある程度まとまった台数のレンタルをさせていただきましたが、機器の初期不良等は一度もなく、レンタルしていただいた機器もよくメンテナンスされたものばかりでした。直接肌に触れるものですので、清潔であることは非常に印象がよかったですし、ニンジャマスクも同封されていたためコロナ禍でも安心して使用できました。

■ アストネスのサービス・ご利用フローについて:
レンタル利用した機器については大変満足しております。検品等にはかなり力を入れているとおっしゃっていましたので、今後も気持ちのいい取引ができると確信しています。

■ アストネスにレンタル発注をされた決め手:
当時はまだMeta Quest 2(当時はOculus Quest 2)を取り扱っているレンタル業者はほとんど見つけられませんでした。検索サービスで見つけた御社にご連絡をしたところ、大変迅速にご対応をいただき、やり取りも非常に安心感のあるものでしたのでそこが決め手となりました。